クレジットカード現金化は詐欺?5分でわかる詐欺被害を防ぐポイント5選

  • 「クレジットカード現金化で騙されたって本当?」
  • 「詐欺業者に騙されたらどうしよう・・・。」
  • 「安全にカード現金化ってできないの?」

クレジットカード現金化は即日中に誰でもお金を用意できることから、主婦や学生など様々な人が活用している資金調達方法です。

しかし、こうしたお金が絡むサービスには利用者を騙して金儲けをしようとする悪質業者もあとを立たず、詐欺に騙されてしまう方も少なくありません。

そこで、今回はクレジットカード現金化の詐欺を絶対に防ぐ方法5選を紹介いたします。

この業界には確かに詐欺を働く悪質業者はいますが、この5つのポイントを守っていれば詐欺被害に遭うこともなく安全にカード現金化ができます!

とくに「どの業者を選ぼうかな?」なんて思われている方にピッタリなので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

クレジットカード現金化の詐欺業者の手口

クレジットカード現金化の詐欺業者の手口

まずはクレジットカード現金化の詐欺業者の手口について簡単に説明しますね。

詐欺に騙されずに安全にカード現金化をするためにも「どういった手口で詐欺に遭ってしまうのか」といった点を知っていると、より安全に取引ができるようになります。

安全なカード現金化に役立ちますので、ざっくりと確認しておきましょう!

悪質業者のよる詐欺の手口
  1. 法外な手数料を請求された
  2. キャンセル料を請求された
  3. クレジットカードを不正利用された

1.法外な手数料を請求された

法外な手数料を請求された

クレジットカード現金化では業者によって換金率が定められており、換金率90%だとしたら使ったショッピング枠の90%が入金額になります。

そのため、ほとんどの方が少しでも換金率の高い業者を選ぶようにしているのですが、悪質業者の場合は換金率とは別途に法外な手数料を請求してくることがあるのです。

たとえ「換金率90%です」なんて言われたとしても別途の手数料で20%も30%も差し引かれてしまえば換金率は60%~70%になってしまいます。

2.キャンセル料を請求された

キャンセル料を請求された

また、利用者が取引を中止しようとすると途端にキャンセル料を請求してくることもあります。

本来であれば、このキャンセル料は全く支払う必要がないのですが既に名前や住所などの個人情報を渡してしまっていることから不安になって支払ってしまう人もいるようです。

どのタイミングであってもキャンセル料を支払う必要はないので、請求された時点で利用者を食い物にする悪質業者だと断定して間違いないでしょう。

3.クレジットカードを不正利用された

クレジットカードを不正利用された

その他にクレジットカードを不正利用されてしまう可能性もあります。

クレジットカード現金化では、ショッピングサイトにカード情報を登録して商品を購入することになりますが、このときにカードの情報を悪質業者に渡すことになります。

そのため、その場の取引では入金がされていたとしても後日に「自分のクレジットカードが不正利用されてしまった」といったトラブルが多いのです。

自分でカード情報を渡してクレジットカードが不正利用された場合、その支払いはすべて利用者が行わなければなりません。

 

このようにクレジットカード現金化には様々な詐欺被害があり、どの手口も警察に訴えられないような巧妙なものばかりです。

はっきり言って、騙された後にできることは泣き寝入りだけです。

ですので、クレジットカード現金化では詐欺に騙されないように安全な方法を使って被害を未然に防ぐことが重要なのです!

ということで、次は上記の詐欺を防ぐために大切な5つの方法について説明しますね!

クレジットカード現金化の詐欺被害を防ぐ5つの方法

クレジットカード現金化の詐欺被害を防ぐ5つの方法

クレジットカード現金化の詐欺を防ぐこととは、つまり悪質業者を使わないことです。

詐欺を働いている悪質業者を使わずに、ちゃんとした取引ができる優良店だけ使っていれば詐欺に騙されることだってないですし、資金調達だって確実にできますよね。

ですので、詐欺被害を防ぐために大切なのは安全な優良店を見つけることなのです!

カード現金化で詐欺のない優良店を見つけるコツをご紹介しますので、カード現金化で業者を選ぶときはこれらのポイントを参考に悪質業者を避けましょう。

詐欺被害を防ぐ5つの方法
  1. 換金率の表記をチェックする
  2. 会社概要を確認する
  3. 無料相談・見積りが可能な業者を探す
  4. 口コミの評判を参考にする
  5. 大手の業者を使う

1.換金率の表記をチェックする

換金率の表記をチェックする

業者を選ぶときは、まずは換金率の表記をチェックしましょう。

クレジットカード現金化の換金率は80%~85%となるのが相場です。

しかし、悪質業者の場合だと元からマトモな取引をするつもりがないため換金率90%~100%といったあり得ない数値を提示していることがあるのです。

あまりに相場を越えた高換金率の業者は危険です。

換金率を高くしたい気持ちは分かりますが、他社に比べて換金率が高すぎる場合は警戒したほうが良いでしょう。

2.会社概要を確認する

会社概要を確認する

次に確認すべきなのが会社概要です。

ネットショップを営む場合は法律で事業者の名前や住所を提示する義務が『特定商取引法』で定められています。ですので、当然どの業者も会社概要を公式HPに設置してあります。

しかし、詐欺を働く悪質業者はそもそもが無許可営業なことから事業者の情報を知られることを避けるために会社概要を設置していないことがあるのです。

また、設置してあっても全くのデタラメが記載されていることもあります。

会社概要に事業者の情報が記載されているかを確認した上で、住所をGoogleストリートビューで確認して実在する店舗なのかをチェックしましょう。

3.無料相談・見積りが可能な業者を探す

無料相談・見積りが可能な業者を探す

無料相談・見積りが可能だと公式HPに記載していることも重要です。

無料相談・見積りが可能なのであればキャンセル料を請求されることはありませんし、様々な業者を比較してみたいときにも気軽に問い合わせができます。

また、初めてカード現金化をする方にとっても無料で相談・見積りはメリットですよね。

安全性を高める他にも色んな業者を比較することで換金率を高くする効果もありますので、無料相談・見積りができる業者を優先的に選ぶのがオススメです。

4.口コミの評判を参考にする

口コミの評判を参考にする

業者に投稿されている口コミの評判も参考にできるポイントです。

口コミを見れば、その業者を実際に使った人の感想や評価が聞けますので、良い口コミが投稿されていれば詐欺業者である可能性はグッと低くなります。

ただし、口コミには実際に業者を使った方が投稿したものの他に、自社の評価を上げるために自作自演で業者が口コミ投稿をおこなっているケースもあります。

ですので、口コミを評判にするときは信憑性の高い内容を吟味することが大切です。

詳しくは『クレジットカード現金化の口コミ評判は99%が自作自演!?』で説明していますので、興味のある方はこちらをご覧くださいね。

5.大手の業者を使う

大手の業者を使う

最後のポイントが大手の業者を使うことです。

詐欺を働く悪質業者は利用者からお金を騙し取るとサイトを閉鎖して、新規のサイトを立ち上げて、また利用者からお金を騙し取ろうとします。

そのため、詐欺を働く悪質業者は改行から間もないサイトであることがほとんどなのです。

もちろん、開業したばかりの業者のすべてが悪質というわけではありませんが、騙される可能性が高い以上は開業したばかりの業者は使わないほうが良いでしょう。

開業してから何年も立っている業者であれば詐欺を働く悪質業者ではありませんので、業者を選ぶときは創業年数や実績といった点からも確認するのが大切です。

まとめ

クレジットカード現金化の詐欺被害を確実に防ぐ方法5選

今回はクレジットカード現金化の詐欺に騙されないための方法5選を紹介しました。

クレジットカード現金化で適当に業者を選ぶようなことをすれば詐欺被害は免れません。

ですが、業者選びの段階でしっかりと悪質業者を使わないように厳選すれば詐欺被害に遭うことはありませんし、優良店は換金率が高いので好条件でカード現金化ができます。

安全面以外にもお得なので、これからクレジットカード現金化をしようと思われている方はぜひ上記のポイントを参考にして業者を探してみてくださいね。

また、当サイトでは以上のポイントや口コミでの評判を総合的に評価して見つけた優良店を完全無料でランキング公開しています。

こちらから業者を探せば効率的に優良店を見つけ出せるので、ぜひ参考にしてみてください!