ドコモ払い・d払いを最短5分で即日現金化する方法とは?【最新】

「ドコモ払い現金化ってどうやればいいの?」

突然ですが、あなたはこのように悩まれてませんか?

NTTドコモが導入しているドコモ払いは現金化が可能であり、手持ちがなくて困ったときの資金調達の手段として広く知られています。

しかし、ドコモ払いの現金化方法は公式サイトでは公表されていないため、独自の方法でしか現金化できません。

そのような理由から「ドコモ払いを現金化する方法がわからない・・・」と悩まれる方も多いのです。

そこでこちらではドコモ払いを即日現金化する方法を紹介します。

  • 「ドコモ払いを現金化する方法って?」
  • 「ドコモ払いの現金化で必要な書類はなに?」
  • 「ドコモ払いの現金化の利用限度額はいくら?」

このようなお悩みをスッキリ解決しますので、ドコモ払いを現金に換えたい方はぜひ参考にしてみてください!

はじめまして!
クレジットカード現金化比較ランキングを運営している管理人のミホです。

この記事では初心者向けに、できるだけわかりやすくドコモ払いを即日現金化するための最新情報をお伝えしています!

ドコモ払いを現金化する方法は2つ

ドコモ払いを現金化する方法は2つ

ドコモ払いを現金化する方法は2つあります。

どちらを使ってもドコモ払いの即日現金化はできますが、方法によって取引の手順やメリットも異なります。

ですので、換金をする前にどちらの方法を使うのか決めておいたほうが良いでしょう!

  • バンドルカード経由で現金化する
  • 携帯キャリア決済の換金業者を使う

ということで、ドコモ払いを現金化する方法を詳しく説明しますね。

1.バンドルカード経由で現金化する

ひとつ目の方法がバンドルカード経由で現金化する方法です。

一見すると難しそうに思えるかもしれませんが、バンドルカードは5分で作れるバーチャルプリペイドカードでドコモ払いからも簡単にチャージできます。

換金率も最低75%以上が確定しており、即日現金化にも対応しているので高換金率ですばやく換金できます。

2.携帯キャリア決済の換金業者を使う

次の方法が携帯キャリア決済の換金業者を使う方法です。

以下のサイトでは携帯キャリア決済の現金化を専門で取り扱っており、申し込みをすれば業者が自動で換金をしてくれます。

携帯キャリア決済の換金業者一覧

しかし、その反面、換金率が60%~70%とかなり低く、さらには即日現金化もできません。

業者に申し込むだけで換金できるのは利点ですが、契約条件が悪くなってしまいますので、その点には注意が必要です。

 

以上の2つがドコモ払いを現金化する方法ですが、ハッキリ言って換金業者を使うメリットはありません。換金率が低くて即日現金化もできないのは厳しいですよね・・・。

よほどの理由がない限りは、ドコモ払いの現金化はバンドルカード経由で現金化する方法でおこないましょう。

ドコモ払いの現金化にまつわる3つの基礎知識!

ドコモ払いの現金化にまつわる3つの基礎知識!

ドコモ払いの現金化をする前に知っておきたい基礎知識は3つあります。

知っておくと、スムーズに現金化ができますし、トラブルの可能性も少なくなります。

トラブルを減らすためにも基礎知識もざっくりとチェックしましょう!

  1. 必要書類はなに?
  2. 利用限度額はいくら?
  3. 入金までにかかる時間は?

1.必要書類はなに?

ドコモ払いの現金化の必要書類は以下の3つです。

  • 4桁のネットワーク暗証番号
  • 本人名義の身分証明書
  • 本人名義の銀行口座

4桁のネットワーク暗証番号はドコモと契約時に設定したパスワードのことですね。

この3点があれば問題なくドコモ払いを現金化できますので、業者に申し込みをする前に以上の3点を手元に用意しておきましょう。

ちなみに『買取本舗』は顔写真のない身分証(国民健康保険証など)でも受付可能なので、顔写真つき身分証がない方は『買取本舗』がオススメです。

2.利用限度額はいくら?

ドコモ払いには利用限度額が定められており、現金化できるのは利用限度額以下の金額までとなります。

また、利用限度額は契約者の年齢と契約期間によって変動しますので、いくらまで現金化できるのか事前に確認しておきましょう!

年齢契約期間利用限度額
19歳以下1万円
20歳以上1ヶ月~3ヶ月1万円
4ヶ月~24ヶ月3万円
25ヶ月以降3万円~10万円

ドコモと25ヶ月以上契約すれば3万円以上の換金ができるようになります。

逆に25ヶ月に満たない方の上限は最大で3万円までなので注意しましょう。

また、詳しい利用限度額の確認方法はこちらに記載されていますので、心配な方はこちらも確認しておくのがオススメです!

詳しい利用限度額の確認方法はこちら

3.入金までにかかる時間は?

手続きにかかる時間にもよりますが、平均で30分~1時間ほどで換金ができます。

また、24時間入金可能な店舗も多いので深夜・土日の申し込みでも安心です。

ドコモ払い現金化の手順は3STEP!!

ドコモ払い現金化の手順は3STEP!!

それでは、次はドコモ払い現金化の手順について説明しますね。

『ドコモ払いの現金化は難しい』と思われることも多いのですが、実はドコモ払いの現金化はたった3STEPで簡単にできます。

正直めちゃくちゃ簡単なので、実際にドコモ払いを現金化するときはこちらの記事を読みつつ手順を進めてみてください。

  1. バンドルカードを作成する
  2. バンドルカードにドコモ払いでチャージ
  3. 換金業者「タスカル」で現金化

1.バンドルカードを作成する

まずは最初にバンドルカードを作成します。

バンドルカードの公式サイトからアプリをダウンロードして会員登録してください。

また、今回の方法ではバンドルカードの本人確認はしなくて大丈夫なので、手続きは携帯版を入力してSNS認証を受けるだけです。

3分ほどで簡単に作成できますので、バンドルカードの作成からチャレンジしてみてください。

2.バンドルカードにドコモ払いでチャージ

バンドルカードが作成できたら、次にドコモ払いでチャージをします。

  1. バンドルカードアプリの「チャージ」を選択
  2. 「ドコモ払い」を選択
  3. チャージしたい金額を指定
  4. docomoセンターで認証(暗証番号を入力)
  5. 「チャージ手続きへ」を選択

また、このときのチャージ可能額は3万円となっていますが、3万円以上の現金化をしたい方は同じ手順を繰り返せばチャージできます。

ドコモ払いでは10万円まで利用可能なので、手順を繰り返して現金化したい金額までチャージしてください。

3.換金業者「タスカル」で現金化

バンドルカードにチャージしたら、あとは『タスカル』に申し込みをして現金化完了です。

タスカルはクレジットカードのショッピング枠やプリペイドカードの残高の現金化業者で、バンドルカードの現金化にも対応しています。

また、換金率も75%以上が確定しており、申し込みから入金まで平均30分で取引できます。

バンドルカードをもっともお得に現金化できる業者なので、ドコモ払いを現金化するときはタスカルの利用がオススメです。

さらに詳しくは公式サイトで確認できますので、まずは確認してみてください。

ドコモ払いを即日現金に換えて金欠を乗り切ろう!

ドコモ払いを即日現金に換えて金欠を乗り切ろう!

今回ご紹介した方法であれば、ドコモ払いを即日現金化も可能です。

とくに、ドコモ払いからバンドルカードにチャージする方法は換金率75%・即日30分で入金される最もコスパの良い方法といえます。

いますぐに現金が必要な方は、ぜひこちらの方法でドコモ払いを即日現金に換えて金欠を乗り切りましょう!

また、ドコモ払いのような携帯キャリア決済現金化のメリット・デメリットや注意点について押さえておきたい方はつぎの記事も参考にしてみてくださいね。