カード枠を現金化してお金を調達する方法

巷で「カードでお金」、「ショッピング枠現金化」などの看板を見かけたことがある方は多いと思いますがカード枠でお金を工面できたら便利ですよね?

世の中には消費者金融やカードローンなどお金を借りる方法はいくつかあります、また借りるだけではなく物を売るという方法でももちろん現金を得ることはできます。

しかしながらどの方法も時間や手間を考えると結構わずらわしいものです。

確かにお金を借りるのであれば本当に返してくれるのか審査するのが当然ですし、物を売るにも品物を買取ってもらうための手続きは必須となります。

ただ利用する側からすれば面倒なことには変わりはありません。

もしあなたが時間や手間を一切掛けずとにかくお金が必要な場合はカード枠を有効活用した現金化を検討することをおすすめします。

現金化屋さんの口コミ評判

カード枠現金化とは普段の買い物とすることは変わりなく現金化業者が指定する商品を購入するだけでその交換率(換金率、還元率とも言う)に応じた金額を振り込んでくれるとても便利なサービスとなります。

キャッシング機能を使わないこの方法は信用情報に登録されることもないのでかなり前から利用している人は多くいました。

カード枠の現金化サービスを行う専門業者を利用すれば審査もなく最短5分でお金が手に入ります。

今月はキャッシング枠がいっぱいで利用できない方や消費者金融で審査が通らなくても安心してご利用いただけます。

カード枠を現金化する時の注意点|利用停止にならない優良店を見つけるために

カード枠を現金化する時にほとんどの人が現金化業者に申し込みをしてお金を手に入れますが、申し込みの際に気をつける注意点を見ていきましょう。

優良店を利用できるようになるのも利用停止にならないようになるのも予備知識は必要になってきます。

  • 交換率(換金率、還元率)
  • 振込日
  • 手続き方法
  • 必要書類
  • 振込先銀行

初めてカード枠で現金化する場合は以上の5項目に注意する必要があります。

カード枠現金化がバレないか、利用停止になるような取引をしていないかなど優良店を探すときにも必要になる条件にもなりますので参考にしておきましょう。

交換率(換金率、還元率)

交換率

まずは交換率です。クレジットカードでお金を調達する時は現金化業者の換金率でいくら振り込まれるのかが決まります。換金率が高ければその分返済の負担は減りますし低ければ大きくなります。換金率は高いほうが良いのは当然ですがあまり高すぎる換金率に気を取られているとトラブルになる可能性があるので気をつけましょう。

というのも換金率とは別に手数料が発生する場合があるからです。決済手数料や振込手数料、送料、消費税など項目は様々ですが何が引かれていくらになるのかしっかり確認することをおすすめします。

優良店と言われる業者の場合交換率の相場は75%~80%になります。

90%で行える現金化業者は利用金額が200万円近くないと厳しいようです。

また換金性が高すぎる商品を購入すれば利用停止のリスクも増しますのでバランスが重要となります。

振込日

振込日

カード現金化をしたことがない人は即日振込が当たり前だと思っているかたもいらっしゃるようでいつまでたっても振込がされないと不安になってしまうことがあるかもしれません。

多くの現金化業者は振込についての確認をしてくれますがプランによっては1週間後の振込になるケースも存在します。

即日振込は日にちが掛かる振込よりも換金率が低くなる傾向がありますから必ずいつ振り込まれるのかは聞いたほうがいいでしょう。

支払いのために期日まで用意しなくてはならない現金が遅れてしまったりすると当然カードが利用停止になってしまいますから元も子もありません。

手続き方法

手続きの方法は?

手続きの方法ですが現金化と言っても様々な方法で行われるため初めてでも難しい方法ではない確認しておきましょう。

ネットで買物をしたことがある人ならば簡単なこともそういった経験がなければ初めてになりますので手続きが難しく思うかもしれません。

担当者の人がしっかりとサポートしてくれるかも大切です。

最短10分でできるはずの現金化が1時間以上かかってしまうのは大抵手続きが不慣れなことが原因であることが多いようです。

優良店であれば手続き方法をわかりやすくメールなどで説明が付いてきたりしますから対応の良い業者を選びたいところです。

必要書類

必要書類
多くの現金化業者では本人確認をおこない不正利用がないか身分証の提示を行っています。

これに応じなければ現金化はできません。

本来カード枠を現金化する時は審査などはありませんから本人確認だけできれば十分なのですがクレジットカードの情報を聞いてくる業者もいるようなので安全面を考えるとよっぽど信用できる業者でなければ応じないほうがよいでしょう。

ほかに勤務先や家族構成など個人情報を聞き出してくる場合は注意が必要です。

振込先銀行

<% pageTitle %><noscript><img src=クレジットカード現金化比較サイトレジェンド | TOPにもどる